■株式投資とは?

[image]お金持ちの投資法、なぜ、日本の投資信託の現状、限定ビデオ完全無料公開中

株式投資とは、企業が発行した株を売り買いすることをいいます。

企業には、資金が必要です。資金は、莫大な額に上るので、会社の人間だけでは、調達できるものではありません。

そのため、企業は、株式を発行して、社外の投資家に、発行した株式を買取ってもらって、資金を調達します。

で、その資金を元に、会社の運営をします。

株を買った=企業に出資した投資家は株主になり、企業が利益を上げてくれれば、その企業の株の価値は上昇していきます。

そうすると、買取った時の金額以上の価値が出てきます。

その、株式が高くなった地点で、買った株を売れば、儲けられます。

儲けは、買取金額と売却金額の差額になります。

株式投資の利益を生み出すメカニズムは、簡単に言うと、これだけの話です。

しかし、それ以外の事項について、説明していくと話は複雑になります。

基本的に、株式投資の利益には、キャピタルゲインとインカムゲインがあります。

キャピタルゲインは、株を買って、株価があがったタイミングで、売って、その差額の利益を稼ぎます。

インカムゲインは、配当によるものです。

配当は、企業が株主に払う配当金です。

一株につき30円などです。当然、企業の業績がいいほど、多くなります。

あるいは、配当金自体がない企業もあります。

加えて、株主優待もあります。

株主に、自社製品やサービスがあります。

株主優待も、実施している企業としていないところがあって、上場企業の25%、だいたい1000社になります。

株主優待は日本にしかなく、海外では、ほとんど聞きません。

人気なのは、クオカードや乗車券・ホテルの割引です。

たいてい、株式投資は、キャピタルゲインがメインでしょう。利益が大きいです。

配当金・株主優待のインカムゲインは、ごほうび的。例外的に、大株主の場合は、インカムゲインのが、大きい。配当で、不労所得を得ている人も、ごくわずかですが、存在します。

株の取引は証券取引所で行われています。東京証券取引所、大阪証券取引所、ジャスダック証券取引所など、6つの証券取引所があります。

また、証券取引所のなかでもいろいろな部署の種類があります。

東京証券取引所・大阪証券取引所は、一部二部に、上場の基準の違によって、分かれています。

上場したい企業は、株主数や流通株式数、時価総額、純資産、利益、設立年数などの基準を満たしていなければなりません。

まず二部に上場を申請し、認められれば、上場できます。

その後、業績が良くなって、さらに厳しい基準をクリアすれば、一部へ上場できます。

また、マザーズは、東京証券取引所の新興企業向けの株式市場。

ヘラクレスは、大阪証券取引所の新興企業向けの市場です。


151,603人以上の個人投資家がチェックした無料テクニカル動画セミナー

■株式投資の本来のメリットとは?

野川徹のオンライントレードスクール 無料“動画講座”会員受付中!

株式投資が、目的とする収益には、キャピタルゲインとインカムゲインがあります。

キャピタル・ゲインとは、買った株が、買った時より値上がりしたときに、手放して得られる収益です。

逆に、買った株が値下がりし、買った値段よりも低い値段で売らざるをえない場合などは、損になります。

キャピタル・ロスです。この売り買いのタイミングは、ものすごく難しいです。

まだまだ下がるから、今買っては損だと思ったら、急に上昇に転じたりします。

逆に、まだまだ上がると思って、保持していたら、大暴落して、あのとき手放していたら、大きな利益になっていたのに。という、話も、良くあります。

インカム・ゲインは、配当です。企業は、業績が良くなった場合、株主に配当を出してくれます。

業績のほかにも、まれに、創立記念などで配当を増やす場合もあります。

昭和の頃は、日本の企業は業績にかかわらず、一定の配当があるのが、普通でした。しかし、平成以降、業績が良ければ配当金を増やす。あるいは、配当自体が存在しない企業が増えてきています。

やはり、高度経済成長の時代が終わって、停滞期になってきているからでしょう。

売り買いや配当以外にも、良い点があります。物価上昇=インフレになると預金の価値は下がります。

貯金していると、損ですよね。その、損を避けるために、株でインフレ・ヘッジ=回避をします。

なぜインフレになると、株式が、インフレ・ヘッジになるのでしょうか?

インフレになると、企業の数字の上での売上高・資産額なども、増え、その企業の株式の価値も上がってくれて、株価が上昇するのです。

このインフレ・ヘッジは、物価の上昇と同じかそれ以上の値上がりをしてくれる資産を購入しておけば、できます。

ヘッジのために持つ資産には、株式のほかには、不動産、貴金属、美術品などがあります。

とりわけ、株式は、金と並んで、小さい単位なので、個人でも売買しやすい。それゆえ、最もポピュラーな資産運用です。

株式投資など、会社の利益の為ため、もしくは、証券会社のもうけだと思われがちです。

が、きちんと運営すれば、お金の価値が下がるのを、相当に防いでくれるのです。

その、賢い運用のためには、株を選ばなければなりません。

40年前の産業は、今、斜陽産業になっていたりするように、今利益を上げている分野ではなくて、これから発展しそうな分野を見極めなければ、なりません。

今、ITや電気通信が流行りですが、10年後20年後がそうだとも限りません。


10万7417人のFX投資家と7万8774人の株投資家が待ち望んでいた2011投資パラダイムシフト大予言無料レポート最新投資手法レポート

■株式投資の本来のデメリットとは?


なぜあの人はビジネスを成長させながら 同時に投資でも成功できるのか?


投資と言うからには、デメリットがつきものです。

お金が回収できないばかりか、手持ちのお金まで、損をしてしまう場合も出てきます。

よくわかるのは、株が買ったときよりも、大暴落した際には、そのときタイミングでその株を手放したら、買った金額を下回り、損になるときです。

こんな、わかりやすい株式投資ですが、いにしえの昭和にはなかった、デメリットも出てきて、それについて考えてみなければなりません。

なぜならば、インターネットが普及して、株式投資をも、これで、してしまうケースが多いからです。

古式ゆかしく、証券会社を介して買うのならば、いいですが。

いまや、個人投資家の半数以上がインターネット、パソコンはおろか、携帯電話からの参加です。

インターネットで、どこからでも、いつでも株式取引がスグにできるのが、くせものなのです。

サーバーなどの接続の環境が悪いと、ネット売買ができないようになり、売り買いのタイミングを逃すのです。

あるいは、押しにくいモバイルのキーを押し間違えて、10株を100株とかにしてしまう場合すらあります。

胴元の証券関係者ですら、数値を入れ間違うのが、話題になっていますね。

それで、大損や大もうけをしたという話も聞きます。

インターネットで、速攻、株の売り買いをするのは、便利です。

が、デメリットになる場合もあるので、どんなに買い時や売り時であせっても、腰を据えてやりましょう。

同じく、就職のエントリーや買いもの、オークションなども、似たような話を聞きます。

紙に書いたものを見直すように、入力した数値を、カーソナルを合わせて確認しましょう。

どんな投資にもリスクはつきまとうものです。買ったとき一時的大暴落ならまだしも、その株の企業が、リーマンショックのような事態、原油高、不祥事によって倒産した場合などは、株の価値は、ゼロです。

確実なローリスクハイリターンは、業界の内部通ですが、これがあまりにも露骨になると、インサイダー取引という証券取引法違反になって、告発されます。

お金がそんなになくて、銀行・郵貯の預金が、1千万円までなら、保証されます。

たくさんの金融機関に振り分けて預金すれば、資産数億ならば安心かと思われます。

ローリスクローリターンです。が、中途半端?!その、資産数億くらいの小金もちさんが、変に株に手を出して、大損するのです。

株式投資の元金は保証されないので、確実ではありません。

株式投資のデメリットをできる限り減らしたいのなら、政治経済に興味をもって、分析するしかないでしょう。が、多くの政治評論家が、こけるのを見ていると、これも難しいのがわかりますね。


日本が財政破綻したときあなたの大切な資産は守られていますか?

結婚