■財形投資とは?

[image]お金持ちの投資法、なぜ、日本の投資信託の現状、限定ビデオ完全無料公開中

財形投資とは、財形預金制度にもとづき、財形預金という形で、預金するシステムです。

勤労者財産形成促進法という法律があって、国と事業主と銀行が一体となって、勤労者の貯蓄を応援します。

つまり、貯蓄や持ち家の取得促進を、バックアップしてくれるのです。

目的別に3種の財形預金があり、マイホームや年金のために、備えができます。

勤労者とは、雇用されている人のすべてを含むので、もちろん、国家公務員・地方公務員・船員等にも該当します。

ただ、この財形投資。

勤務先を通じてのみ、申込みできます。勤務先の事業主が銀行の財形制度を導入しているか?

3種のうち、どんな財形預金と契約しているか?勤労者は、自由に選択できないのが難点です。

大きい企業とか、たいていあります。

3種財形預金は、用途を特定しない一般財形、マイホームが目的の財形住宅、財形年金と、目的に応じて違うのです。

財形住宅と財形年金は、合計550万円まで非課税扱いですが、一般財形は、利息に対し20%の源泉分離課税がかかります。

財形投資の特徴として、給与から天引きされ、事業主を通じて積み立てられます。

給与を使う前に確実に無理なく貯まり、煩雑な手続きがいらないから便利です。

また、財形融資とは、一般財形、財形年金貯蓄、財形住宅貯蓄を行っている勤労者が利用可能な融資制度なのです。

今まで貯めてきた、財形貯蓄の金額等に応じて、財形持家融資・財形教育融資の額は、決まっています。

預入れ方法は、たいてい一回につき1,000円以上の整数倍で、積立期間は、3から5年以上となっています。

そこらあたりのオプションは、自由に選択できます。

引き出しの条件は定期預金よりもはるかに厳しくて、預入期間を1年以上経過した部分の預金にのみ、1ヵ月以上前の連絡で1回1万円以上からでないと引き出せません。

こういう預金の扱いから、何かまとまった出費に対する備え、ライフイベントに対してお金を貯める、という意味合いがわかるでしょう。

ただし、契約できる勤労者は、年金・住宅は55歳未満と、年齢制限があります。

若くて独身で、社会経験もなくて、遊ぶのにお給料をみんな使ってしまう人や、新たに家庭を持つに当たって、マイホーム・学資に備えたい人に、うってつけの貯蓄制度と言えるでしょう。

確かに、マイ貯蓄でも、いいのです。主婦雑誌の家計指導のように、毎月先に3万円貯めるという、やりかたのように。が、しばりがないので、つい、ATMにいってしまいます。

その点、財形投資は、下ろしにくいので、意思の弱い人には、いいでしょう。


151,603人以上の個人投資家がチェックした無料テクニカル動画セミナー

■財形投資の本来のメリットとは?


10万7417人のFX投資家と7万8774人の株投資家が待ち望んでいた2011投資パラダイムシフト大予言無料レポート最新投資手法レポート


あまりにも地味ですが、財形貯蓄には、さまざまなメリットあります。

なにしろ、意識しなければできない貯蓄。給与の払い込みのたびに、オートマティックにできてしまうのです。

この方法は、きわめて有効なのです。何しろ、天引きになるといった会社の協力、税制優遇といった国の援助があって、貯蓄がスムーズに行く制度なのです。

税制優遇というのは、財形年金貯蓄、財形住宅貯蓄のみ、550万円まで非課税なのですよ。

財形年金貯蓄、財形住宅貯蓄を合わせて、550万円までという意味です。

それぞれでは、ありません。ただし、一般財形には、適応されません。

どの銀行のどの金融商品が、あなたのいる会社で適応されるのかは、違ってきます。

よく調べてみましょう。財形年金貯蓄、財形住宅貯蓄のメリットは、なんといっても、この非課税枠です。

普通の預金では、利息が出ると、源泉徴収で20%引かれますが、財形年金貯蓄及び財形住宅貯蓄に関しては、二つを合わせて550万円まで、非課税なのです。

だた、あまり知られていない話があります。

年金や住宅といった、目的外で解約した場合の話。

ペナルティーとして20%課税されてしまうのです。

20%課税というのは、なんと、さかのぼって5年までになるのです。

気をつけましょう。だから、結婚が決まっていなくて、守るべき家族がなくても、一般財形は、敢えて選ばないのです。

名目上は、年金もしくは住宅のどちらかの財形制度にしておくのです。

で、その後、結婚が決まって、目的どおり使うので、解約すればいいです。

とにかく、貯蓄開始年から6年前までの利子が非課税となるので、大きいです。

結婚のときの出費は、いくら抑えても大きくなるものです。それに、大きいメリットは、有利な融資を受けられるという点です。

急に大きい額が必要となったときに、低い利息で、無担保で融資を受けられます。

それは、どんな財形貯蓄でもです。

財形持家融資は、貯蓄残高の10倍以内・最高4000万円まで。

財形教育融資は、貯蓄残高の5倍以内・最高450万円まで。かなり、一般のローンよりも有利でしょう?

で、以外なメリットは、解約しにくいという事実。

解約は、会社の給与担当者を通すので、めんどうだし、なんに使うのだろう。

と、思われるのも嫌ですね。会社の財形貯蓄のある金融機関と、自分が使っている金融機関がかぶっていないか、チェックしてください。

かぶっていたら、1000万円まで保証されるのが、財形貯蓄額をも含むので注意してください。


なぜあの人はビジネスを成長させながら 同時に投資でも成功できるのか?

■財形投資の本来のデメリットとは?

野川徹のオンライントレードスクール 無料“動画講座”会員受付中!

年金財形と個人年金保険はどちらが得になるかは、個別のケースによります。

財形年金と個人年金保険を、徹底比較して、メリットだけでなく、デメリットをもチェックしなければなりません。

財形年金のメリットは、何といっても、給料から自動的に引かれるので、確実に貯蓄できる点。

この年金財形、財形住宅と二つを合わせて550万円まで非課税扱。

将来受け取る年金も非課税。途中解約でも元本割れなし。

と、メリットづくめのような、印象を受けてしまいます。

が、デメリットは、加入資格です。満55歳未満の勤労者であり、1人1金融機関までなのです。

また、目的以外の払出しは、解約扱で課税されます。

一方で、個人年金保険メリットは、商品のタイプが多くの選択肢から自由に選べて、必要な保険を選んで加入できる点。

それに、個人年金保険料控除が受けられます。

デメリットは、年金を受取ると、雑所得として課税される点でしょう。

万一途中解約すれば、相当に長期間積立をしていなければ、元本割れを起こします。

住宅財形にも、デメリットがあります。マイホーム購入以外の目的では、原則的に下ろせません。

利息も、少し高めなだけで、あまり普通の銀行に預けるのとたいして変わりません。

それに、引き出しにくかったりとか、不便でよくわからない印象を受ける貯蓄方法です。

そんなデメリットを挙げてみると、裏事情が、おぼろげながら見えてくるような、気がします。

銀行側としては、お金を少しでも集めたいわけです。

メガバンクは、規模ウン兆円とか、喧伝していますね。

また、規模が大きければ、倒産しない気がして、安心感が、一般の人には、植え付けられます。

銀行員のノルマがきついとか、親戚の銀行に就職した子のために、口座を作って、協力してあげる。

なんて話は、良く聞く話です。だから、なんだかんだ理由をつけて、引き出しにくい口座を作られる。

というのは、きわめておいしい話です。

また、企業のほうも、銀行から、融資を受けたり、口座でお金を管理してもらったりしています。

なので、社員も協力して、口座を増やしてお金を積み立てていくのは、恩義なのかもしれません。

そう、持ちつ持たれつ、ずぶずぶな関係なのです。

その、いわば術中にはまってしまうのは、面白くないとは、思いませんか?

得なように見せかけて、自己裁量になるはずの、お金を、お預けにされるのですよ。

そう考えると、少しでも有効な、資産運用を考えたほうが、いいのかもしれません。


日本が財政破綻したときあなたの大切な資産は守られていますか?

結婚